他社の追随を許さない、堅牢かつ歪の無い “大型・鏡面仕上げ”を提供する。

UV塗装の歴史はドイツから始まっています。本来、塗装とは木材を化粧的な用途に使用する場合に、着色して木目や材色等を際立たせると共に、木材の表面を傷,汚れなどから保護することが目的で、日本では古くから漆を使用して、その目的や風合いを大切に求めてきた。一方、1967年 ドイツのバイエル社が極めて短時間に硬化する紫外線硬化(UV)塗料を商品化に成功しました。これにより、硬度・透明度が高く、象嵌・螺鈿などの細工の隙間埋めとしての用途が広がり、美しい仕上りと表面の保護を兼ね備えたことで、高級家具や建築内装材にも展開が可能となったのです。

京洛工芸のUV塗装 最高級の『鏡面仕上げ』

京洛工芸は、上記特徴を十分に熟知し、更なる技術の向上とノウハウの蓄積に努めた結果、同業他社が追随できない風合いと品質を両立する、最高級の『鏡面仕上げ』を提供できるに至る。また、独自の耐熱下地加工を施すことで、タバコ等による焦げに強く、電磁調理器具の使用も可能。さらに、独自の研磨技術と熟練した職人技を元に、
日本最大級の塗装設備を開発。これにより、大型の塗付面にも対応できると共に、均一した仕上りを可能にしています。

PAGE TOP